凡人の私

咲-Saki-について話すブログです

カテゴリ: 探訪

という記事を書こうと思ったのですが、
書こうとしたことのほとんどが超大手ブログ「近代麻雀漫画生活」さまで記事になっていました。この記事を読めばすべてがわかります。



咲-Saki-界の発展に貢献できて嬉しいです。


この下はだらだらとした日記です。

経緯とモチベーション

にわか咲-Saki-ファンなので未発見舞台がどのくらいあるのかを全然知らなかったのですが、
8月かそのくらいにTwitterで未発見舞台が話題になったときに、
あべちゃんさんがまとめツイートしていて、じゃあこの中から探してみようかなという気持ちになりました。


これと、いのけんさんも言及していますがdreamscape 19.09.05での立先生の発言
・5巻の表紙は元の写真から左右反転してます。
が大きいです。
この発言って、書いてある以上の情報がかなり含まれていて、
その一つが舞台が実在の場所で、多分現存しているということ。
このおかげでモチベーションが保てました。
咲-Saki-はほとんどすべての舞台が実在の場所ではあるものの、一応架空や合成の可能性もあるので。
もう一つが、舞台は長野県かその近くにあるということ。
もし長野から遠かったら19.05.08のときのように
「長野とは関係ない遠い場所です」的なことを言ってくれるんじゃないかと思います。
鶴賀はワハハカーがあるために行動範囲が広く、日本中から探す必要があったんですが、
この発言のおかげで長野県内か、せいぜい岐阜、新潟、山梨あたりまでに範囲を絞ることができました。

探した方法

まぐれで見つけただけなのでアレですが…

まず反転画像を用意して、毎日眺めました。
5巻表紙反転
咲-Saki-5巻 Kindle版Extra Contents、左右反転

最初は加治木先輩側奥に注目しました。
多分舞台は斜面っぽいところで、加治木先輩の奥側は田んぼに見える。
つまり棚田的な感じになっているのでは? と思い、
「長野 棚田」「棚田 ガードレール」みたいなワードで検索したのですが、ヒットせず。

次に真ん中に注目しました。
「長野 分岐 県道」的なワードで検索したり、長野あたりのそれっぽいエリアをグーグルマップで見たりしたのですが、これも見つからず。

その次に注目したのがむっきーワハハ側にある歩道。
田舎っぽい道なのに歩道と車道がちゃんと別れてて、街路樹もあるのは珍しいですし、
ポピーかサルビアかわからないですけど赤い花も咲いてる。
なので「中山間地域 街路樹 ポピー」とかで検索していたのですが、やっぱり出てこない。

ほかにもメタ視点で立先生が舞台に選びがちな廃線跡とか温泉の近くを探したりもしたのですが、
10年見つからないだけあって全然でてこない。

諦めて2巻表紙に浮気したりしながら暇さえあればグーグルマップを見ていました。
グーグルマップを長時間見ると酔う

最近はむっきーの頭上、歩道の奥側に注目していました。
津山さんの上にある電線みたいなのは、イノシシとかから畑を守る電気柵じゃないかと予想しました。
こんな斜面に畑、長野となるとたぶんリンゴかブドウかの果樹園。
というわけでそんなワードを追加して検索しました。

履歴


全然見つからないので諦めていたのですが、
この間、寝る前にお布団の中でスマホで適当に思いついたやけくそ検索ワード
国道沿いの坂にリンゴ畑」で検索したらちょっと気になるリンクが。
IMG_5705
道の雰囲気が似てる!
リンク先を見ると、もっと似ている画像が。

奥の方に分岐もある
http://ryouho.sakura.ne.jp/walk/2018/0428IidaYamabikoM/Day2.htm 2019/10/24閲覧

山の中なのに歩道と街路樹があって、ガードレールの雰囲気も似てる!
そこで、飯田市の山田体育館周辺をグーグルマップで見たらあった、というわけです。


見つけたときは興奮で心臓バックバクでした。

リンゴ畑はあるみたい(?)ですけど、全然国道じゃないし、わけのわからない検索ワードです。
イマドキの検索ワードは単語を羅列するより文章になっているほうがいいのでしょうか…

飯田は遠いのでなかなか行けないですが、機会を見つけて早いうちに訪問したいです。
8巻の久と藤田がイチャついてる円い展望台みたいなところは探訪したら興奮すると思うのでここも探したいです。

行きました。
最初に特定した人はすごい。特定した人、ありがとうございます。
特定する人がいるから私みたいなニワカが探訪できるのです。
いつもありがとうございます。

表紙の舞台は関門橋の真下にある和布刈神社です。
DSC_0582
隅がケラレてますね…
写真力が足りませんし時間帯も違いましたが天気の感じは近いのではないでしょうか。

咲-Saki-(17) (ヤングガンガンコミックス)
小林 立
スクウェア・エニックス
2017-11-25



せっかく行ったのでカバー裏になりそうな場所の写真も撮りました。

 DSC_0593
DSC_0597
DSC_0603
DSC_0609

カバー裏になるかも、っていう視点で写真撮ったことなかったから新鮮でした。
ふつう風景を撮るときはベンチとか柵とかは写らないようにするけども、
今回はここにすばら先輩が座るはず、とかそういうことを考えて撮ったので今までにない感覚を味わえました。
これは舞台を先に当てようっていうときにしか味わえない感覚ですよね。


関門海峡エリアの門司下関はコンテンツ力が非常に高い場所なので、舞台探訪に関係なくオススメです。
海峡を渡るだけでも徒歩自転車自動車船在来線新幹線と豊富に用意されてますし、
トロッコ列車やロープウェイもありますし、
食事も門司の焼きカレーと下関のふく、更には日本最強の海鮮スポットである唐戸市場、
かわいいペンギンに会える海響館、
さらには壇ノ浦と巌流島の歴史要素もあって、マジ最強エリアです。
ん〜〜最強!
最強なので行ったことない人は行きましょう。

こんばんは。

咲-Saki-が大好きな気持ちが高まって今年このブログを始めたのですが、
舞台探訪的なことも結構しました。

結構撮ってた写真もだるくてまとめていなかったんですが、
このまま年は越せねえなってことでいままとめて載せます。


春。仙台に行ったので瑞鳳殿に行きました。
 DSC_0180
この写真、季節も時間帯も結構合ってる感じでお気に入りです。
ちょっとした寺社仏閣的な感じかと思ってたら坂が急で大変でした。


夏。島根に行きました。
お盆のガチ真夏で暑かったです。
一日で松江市内と玉造温泉を回るルートを組んでたんですけどちょっとハード過ぎました。死ぬかと思いました。 
DSC_0318
 DSC_0405
DSC_0475
DSC_0488
夕日がめっちゃ綺麗でした。
朝酌とかには行ってないし夜の街もサイコーだったし別の季節にも行ってみたいので
松江にはまた近いうちに行くと思います。


秋。北大阪に行きました。
DSC_0842


DSC_0749
怜ちゃん視点。ジャンボすべり台は全然ジャンボじゃなかった。
DSC_0748
竜華さん視点。すべり台より断然こわかった。片手にカメラ持ってたし。
DSC_0856
緑地公園から千里山駅まで遠すぎて行くのを諦めました。これも次回。


冬。吉野に行きました。
DSC_0018
あこしり橋を撮るこの場所、崖っぷちでめっちゃこわかったです。
DSC_0025
道の舗装がきれいになって悲しんでる人がいるって、よく考えたらへんてこな話ですよね。
吉野も春行かねばって感じたので絶対行きたいです。さこやにも泊まりたい!


こんなにいろいろ回ったのは今年が初めてです。
来年もいろいろ回ります。もっとマメに更新したいです。

お世話になりました。良いお年を。 

↑このページのトップヘ