凡人の私

咲-Saki-について話すブログです

カテゴリ: 感想

県唯一の上映館に電車を乗り継いで行ってきました。

ブログに感想書くために単行本開いたら須賀くんがいてびっくりした。
須賀のいない世界線に慣れすぎた。

以下まあまあネタバレです。
このブログを見る人はほぼまとめアンテナ経由だろうし、映画のネタバレっていうとストーリーっていうよりもこのシーンがカットされてて〜とかになるよね。
ストーリーのネタバレをすると清澄高校が優勝します(笑)
1回しか観ていないニワカなので間違ってる部分があっても勘弁してください。













103分で長野予選を全部やるっていうのはやっぱりキツイしいろいろ削られてる感はあった。
残った部分は天一のスープ並に濃厚な展開になってて観ててちょっと体力使った。
でもむっきーとかともきーの出番少なかったよね。もっと観たかった…
今後もし全国編とかを実写化することになったら出番少ない人がいっぱい出てもっと大変そう。

原作通りの部分もオリジナルの部分も立先生も言ってるとおりすばらだった。ジュンうちわとか。
門松の葉子ちゃんのエピソードがカットされるって書いてたし門松の葉子ちゃん自体が出てこないのかと思ったらちゃんと出てきてるし、
カットされた代わりに咲さんがエトペン渡して原村さんガッツポーズの流れも最高でした。
観ながら私も腕あげちゃいました。ちょっとだけ。

てか長野決勝は名ゼリフの宝庫だし発声可能上映みたいなのがあったら絶対楽しいし行きたい。
咲さんと一緒にカン!って言いたい。

ドラマ版で慣れたっていうのもあったかもしれないけど、実写化そのものに無理があるようには感じなかった。露出は咲-Saki-に必須の要素ではなかった。
西田とか門松さんとかだけじゃなくて棟居さんまで実写化されてたのは大興奮。
観終わったあとで同行者に棟居さんいたよね!!って言ったら誰って言われたけど。

咲さんのカン!の発声とか、そろそろ混ぜろよとかワハハーとかの言い方が気になったけど、
この違和感ってアニメ版と比較しちゃってるから生まれてるんだよね。
今回の映画は咲-Saki-漫画版の実写化であって、アニメ咲-Saki-の実写化ではないから
必ずしもアニメと同じように言う必要はないし。
タコスとか一部の役の人はアニメを見て役作りしたんだろうけど、それ以外の人はコミックスだけ読んで役作りしたんじゃないかな。

闘牌描写はわざと削ってたよね。
超能力バトルに見えてちゃんと麻雀してるってとこが咲-Saki-の魅力の一つではあるけど、
観客は麻雀わからない人が多いだろうし尺もないしで人間ドラマを中心に、ってしてたのかな。
闘牌が見たいひとは原作読んでね!って感じで原作にも誘導できるし。
実際観た後にあそこ原作ではどうだったっけ、って見ちゃったし。



以下は気になった部分!!


闘牌カットしてるって言っても先鋒戦でキャプテンがタコスのために七筒捨てるシーンでキャプテンから見て七筒が安牌な理由がまったく伝わらないのはどうなのかな…
実写化にはそのくらいの思い切りが必要なのかな。
その直後の「裏がのれば三倍満だじょ!!」もなかったし闘牌描写のカットは徹底してた。

1回戦から決勝まで1日でやってる風な雰囲気だったけど、それは時間的に厳しいのでは?
裏設定でコールド勝ちみたいなのがあって1,2回戦は平均的に早く終わるとかだったのかな。

原作では伏線になってたのに回収されていない要素があったのは残念だった。
1つは藤田の和への評価。せっかく合宿とエトペンで強くなったのにそこを評価してくれるシーンがなかったのは残念。
映画だとザコ呼ばわりされたまま…だよね?
あとはキャプテン→池田→衣への「何事もそうやって楽しんでいく」の流れとか。

部キャプももっと欲しかったよぉ……上埜さんって呼んでほしかった…………
キャプテンは池キャプ一本にしましょう、ってことだったのかな。

最後に咲さんが嶺上牌ツモるのに時間かけすぎでは??
原作みたいに冷や汗かく西田とか部長のカットを入れるとか、時間短くして須賀くんを出すとかできたと思うんですけど!
あとそのシーンでずっと桜っぽい花びらが舞ってたけど、嶺上開花するときには森林限界を越えた嶺の上にも咲きそうな花が咲いてほしかった。ユリとか。



なんやかんや言ってしまったけど観てて幸せな気持ちになったし、続きも観たいです。
東京国際フォーラムの控室で動く実写版咲-Saki-キャラクターを想像するとワクワク感がヤバいので皆さんも試してみてください。

とりあえずもう1回は観に行きたいです。 

話が濃すぎてブログ更新せずにはいられないですね。
でも文章力ないので箇条書きみたいに書きます。
連続ツイートだと思っていただければ。



以下、ネタバレしか含みません!












友清かわいい

羊先輩ジュルル説

新道寺の描写だけで通常回1回分くらいの盛り上がり要素あるのに今回はすごい

「さすがセーラや」は膝枕の邪魔すんなアホっていうニュアンスかと思ったけど次のページだと普通にしんどそうだし嫌味を言ったわけじゃないのかな?
試合前はふとももで試合後は乳みたいな使い分けしてるのかな。前も試合後は乳揉んでなかったっけ?

熊倉さんがいる部屋って宮守が泊まってた部屋かな?一人でさみしそう。もともと一人部屋か??

熊倉さんってパソコンとかが使えるとか使えないとかいう描写あったっけ?

藤田の描き方、次からのページで西田にインタビューされてるお婆ちゃん(以下イン婆)と比べて雑じゃない?

去年の世界大会?は照とかガイトさんとか荒川憩さんは出てないのかな?出ても予選敗退したのかな?
衣さんは呼ばれなかったのかな。出てたら照と友達になってそうじゃない?いっしょに楽しもうよっつって。
出てないとしたら世界大会には出ないのに藤田とのプロアマ交流戦には出たことになるし衣さんの出る/出ないラインがわからなくなってくる。

宮守が上野らへんに泊まってるから上野らへんからのカットなのかな。水着買ったよーのときのカットも上野駅だったよね。やっぱり東北だし上野駅っしょ〜みたいな?

イン婆、今後名前とか誕生日とか明かされるのかな。
インタビュー場所はどこだろう。老人ホーム的なとこかな?扉が引き戸になってて車椅子で開けやすそうだし。
朝早いのにインタビュー受けてくれてやさしい。イン婆いい人。

冬に火事が、って言い方するってことは直近の冬ってことだよね?咲さん中3のときの。
晴絵が奈良に戻って熊倉さんが宮守に行ったとき、咲さんの家は燃えていたのか。

てことは咲さんの家にあった麻雀卓は火事に遭っても燃えなかったってこと?
となると界くんは冬には麻雀卓を燃えた家からわざわざ持ち出したのに数ヶ月後にはもう売っちまうかって言ったってこと?なにかあったのかな。

アークタンデさん、「あの一家の母方のおばあちゃんだね」ってことは咲と照のおばあちゃんってことよね。
てことは咲と照の母は同一人物ってことだよね???
照がイン婆に「あの一家」扱いされてない場合はまだ可能性があるのか??
照と咲のおばあちゃんが同一人物なのに母親が違うってなると界くんが姉妹丼したことになっちゃうよね?

アークタンデさんは咲と照とどのくらいの頻度で会ってたんだろう。咲は火事の前の晩にアークタンデさんが来たときにアークタンデさんに照のこと聞いたりしなかったのかな。

イン婆ずっとお茶飲んでるの渋谷さん感ある。渋谷さんなのかな。

立先生は15.03.31のdreamscapeでは「越谷の新井さんはカナダ人と日本人のダブルです。」って「ダブル」って言葉を使ってたけど西田はハーフって言ってる。
グルジアとサカルトヴェロにこだわってたり(15.02.25)そういうこだわりがある人なのかと思ってたけど。
ダブルだとあまりにもポリコレすぎて西田は使わなそうって判断したのかな。

越谷の新井さんも何らかの秘められし能力を持っているのかな。

西田って20年前のちょっとだけいたプロも知ってるの、ちゃんと麻雀雑誌の記者って感じがする。

元プロのアイ・アークタンダーはイン婆の知ってる愛ちゃんと同一人物で、
西田の知ってる「取材に出てくる宮永さんのお母さん」は名前は宮永愛だけど「全然アイさんと似てない感じの人」てことは、
照が全然違う人を母:宮永愛として紹介したのか、アイ・アークタンダーさんの見た目が変わったってことになる??

アイ・アークタンダーさんのシルエット、俗に宮永ホーンと呼ばれてる部分があるように見える。
宮永ホーンは界くんサイドじゃなくてアークタンデさんサイドの遺伝っぽいし、これからは宮永ホーンはアークタンダーホーンって呼ばれるようになるのかな。

みなもちゃんと呼ばれている人は??
アイ・アークタンダーさんのきょうだいの子どもってことかな。つまり咲照のいとこ。
界くん姉妹丼説が正しければアイさんのこどもが咲さんとみなもちゃんで、照の母親が取材に出てくる「宮永愛」さんってことで照の妹いま宣言とも辻褄があってしまう。界くん視点からみれば「幻覚でも思い込みでもなく姉妹」だし。

イン婆はアイ・アークタンダーを知らないってことは麻雀にはあんまり興味なさそう。
でもアークタンデさんのことを「あの婆さん」って呼ぶくらい仲良しなのにアークタンデさんに「ウチの娘、元プロやねん〜」って言われたことないってことになるよね。
てかそもそもイン婆はどこの誰なのよ!

咲さんが着替えて準備しするのを待って、代々木から国際フォーラムまで移動して中に入って、ってしてたら1時間くらいかかるだろうしもう次鋒戦終わってそう。
今のうちにトイレ行っといたほうがいい、ってことはもうすぐ試合前の挨拶とかいろいろが始まるってことだろうし次鋒戦どころか副将戦くらいまで終わってるかもしれない??

最後のページ、後ろにトイレっぽいものがうっすら見えるし、咲さんは迷わず行けたんですね。
でもこの展開だとここまで来てトイレ行けないパターンもありそう。走って逃げるとかビビってチビるとかで。 

めきめき先生めっちゃ良い……

以下ほぼ内容無いですがちょっとだけネタバレありますので注意。





怜ちゃんの表情がいちいち良い。フフフ顔が特に良い。
めきめき先生にスピンオフを依頼した人ありがとう……

コマ割りの感じとかが立先生と違うのに出てるのが咲-Saki-の人たちなのがちょっと不思議な感じ。
パンツ存在しなそうだし小学生が当然のように麻雀してるのが完全に咲-Saki-。

絵とかノリがめっちゃ少女漫画っぽいって思ったけどめきめき先生的にはそうじゃないらしい。
ちょっと闇を感じるストーリーは百合っぽい。ドキドキ感ある。

服がかわいい。描くの大変そう。

セーラとか他の大阪勢は同小じゃないのかな?? モブにいたりするのかな?
出席番号1番が園城寺だから同じクラスに江口さんはいないか。

そういえばまだリー棒立ててない。いつ立てるのかな〜〜?
やっぱり一巡先が読めるようになるのと同時に立て始めるのかな?
初めてリー棒立てるシーンが来たら読みながら泣いちゃうだろうな〜


阿知賀編はインハイ準決勝まで、シノハユもたぶん10年前のインハイまでって感じで連載開始時点で終わりポイントが予測できたけど、
怜-Toki-は何をどこまでやるのか予測できない!
シノハユはシノハユで早く高校生編を読みたい〜〜ってなるような期待感があるけど怜-Toki-はあれもこれも期待できちゃうし!!
小走先輩も期待できちゃう!


なんにせよすばらでした。クリアしおりもよかった。
にわかなんでシノハユと咲日和は単行本派だったんですけどこれからは毎月ビッグガンガン買います。

3月に2回更新があったから1ヶ月半空いただけで長く感じられましたね。
http://www.sciasta.com/ritz/

◯写真
作業風景画像は結構久しぶりなのでは?
前回はちょうど今一番下までスクロールしたら見える記事かな。阿知賀編のネームだ。小走先輩が見える!
今回はカフェ的なところだけど他にお客さんがいないってことは深夜か早朝なのかしら。
ファイル名がsa_shinya_name.jpgだから深夜かな。saってなんだろ。咲-Saki-かな。サービスエリアかな。

写っているネームは見えなさ加減が絶妙!
 39
いじってもよく見えない。
右ページで穏乃が火を噴く技を使ってて
左ページは上から咲さん、淡さん、一番下はメンバー的にネリー?
ってことは大将戦? 大将戦って今までのペースだと3年後くらいになりそうだけど
そんな先のネームを描くもんなのかな。
それとも試合前のメンバー紹介的なシーンなのかな。
どっちにしても楽しみ!!

◯プレゼント色紙
淡さんのおもちが原村さん並に育ってますね。
私もリツコバヤシに自分の名前書かれたい。

◯5位決定戦
引き伸ばしてんじゃねーよ! とか、
アニメを見越してのヤツか? とか言われたからこんなこと書いたんですかね。
アニメスタッフの咲-Saki-アニメ化戦略がどんななのか気になります。

◯めきめき先生
怪文書ってことはオムニバス形式っていうか毎話完結するような感じなのかな。
「関西各地」じゃなくて「大阪各地」って言ってるってことは晩成は出てこなそう。悲しい。
荒川憩さんとか今のところ全然意味分からないし、個人戦に向けて読者を馴染ませておこうみたいな戦略もあるのかな。
なんにせよすばらな内容になりそうなので、期待大ですね。

今週号の完成からの遠さも楽しみ。
さりげなく次回も掲載されるみたいだし、そろそろ5位決定戦は始まるのかな。 

やばくないですか!?
やばいので全コマ感想を述べます。
咲-Saki-15巻を読んでカバー裏をめくってない人とシノハユ6巻を読んでない人はネタバレ注意です。




○1コマ目
ニワチョコ!!  大人(27)になってる!! 仕事してる!
「ここ」ってどこ? 家? 家なの!? 同居!?
仕事に行くってことは家かなって思ったけど出張先とかかもしれないしホテルの可能性もあるよね。

○2コマ目
全裸ベッド! この間見たよこういうの!
アラサーの間では全裸ベッドがアツいのか??
千代子さん、何の仕事なんだろう。これから仕事に行く(のに全裸)って、今何時なんだろう。

○3コマ目
どれだよ!

○4コマ目
これはリツコバヤシの本音なのかな……
まあよく言われてるやつですよね。私も仕事選ぶときにめっちゃ気にしたし。私事ですけど(「私事」と「仕事」がかかってる高度な言葉遊び)。

○5コマ目
ニワさん、私と同じこと言ってる!

○6コマ目
バルスツイートを公式がプッシュしたらみんなやる気がなくなった的なね。
金銭の報酬ではないけど。

○7コマ目
咏ちゃんって呼んでる! 今でも仲良しってこと??
千代子さんの目が1コマ目と比べてめっちゃ真剣になってる。

○8コマ目
このコマの情報量ハンパない。

三尋木プロ。かわいい。

健夜。呼び捨てにしてるってことは最低でも知り合いなんだよね。たぶんお友達。
アラサーっぽい服着てるしたぶん現在の姿を想像してるのよね。
「ずっと楽しそうにしてた」っていうセリフは「好きなことが仕事になっても楽しそうにしてた」ってことだから、
千代子さんはすこやんがプロになる前から知ってたことを意味してるよね。
すこやんは10年前に初めて牌に触って、高校卒業後すぐ(?)にプロになってるから
千代子さんもインターハイに出てた可能性が高いよね。
それか土浦女子の補欠だったか。
北芝から土浦なら通えそうだし千代子さん土浦女子説あるか!?

そして慕。
すこやんの左にいる人は慕さんということでいいんですよね?
最近の咲-Saki-界隈では「咲の回想に出てくる森林限界の話をしている人は宮永照じゃない説」みたいなのもあるし、
[森林限界さんは何者なのか] by Cat in the box - キャットインザボックス 
この流れとこの配置でも油断はできませんが、まあ慕さんでしょう。
髪が長い。シノハユ1巻の表紙よりも全然長い。
シノハユ6巻で髪を伸ばし始める描写があったし、中1からずっと伸ばしてるのかな。
つまり、これは現在の慕の姿ということに!

慕さんいま何してるのよ問題は日に日にヒートアップしていて
今では「白築慕」でググると「白築慕 死亡」「白築慕 故人」がサジェストされるほどに。
34 
本編で出てこないし誰も慕の話しないから慕さん死亡説はわりと説得力あったし、
ちょっと前の宮永咲さん放火犯説並に盛り上がってました。
咲さん放火説のときみたいにファンが変な方向に走るとリツコバヤシは何らかの形で軌道修正してきましたけど、
今回はカバー裏できましたね。

しかも、慕も好きなものを仕事にしてるってことに。
てことはリチャードソンの妻か、プロ雀士になってるってことですよね。
なってんじゃん!? プロに!
生きててよかった。

慕の左には羽根。これめっちゃ意味深。
だってここ羽根要ります?? 要らないでしょ?
顔より大きく描かれてるし何か意味があるはずだろうけど私にはわかりません。

○9コマ目
ちょうど慕の話になって切り出しやすくなったんでしょうね。
復刻ってことは一回終売したのね。まあするよね。

○10コマ目
ワンピース感
缶の裏側にリアが隠れてて ド(リア)ン ってなってるのかもしれない。字の感じ似てるし。

○11コマ目
ホットの缶飲料を持ってるってことは、ニワさんはこの直前まで外出してたんでしょうね。ネクタイしてるし。
千代子さんは全裸だけど。全部見えてるけど。
「天に届いた」ってフレーズ、慕死亡説を意識してるとしか思えない。
千代子さんの適当感を利用して上手いこと慕死亡説を使ってる。さすがリツコバヤシ。
でも本当に死んだのかもしれない。黒い(?)ネクタイしてるし。

○12コマ目
仲良く(意味深)
これは結婚してますね。
この2ページで名字が一個も出てきてないのは、誰かの名字が変わってるからだと思います。
咲-Saki-ってそういう漫画だし。
結婚しても名字を変えない人がいる漫画だけど。
 

まとめ
○ニワチョコは結婚していた
○千代子さんはインターハイに出てたかもしれない。すこやんと同じ高校の可能性もある
○慕は(少なくとも最近までは)生きてるし、たぶんプロになってる
○立先生のモチベが心配
カバー裏にこれだけの情報を盛り込んでくるとは、さすがリツコバヤシ。



おまけ
これまでのカバー裏漫画は 
咲-Saki-本編
1巻〜10巻、12巻、13巻 タコス伝 
11巻 ふくすこ新幹線
14巻 ふくすこ旅館

14巻のふくすこと15巻のニワチョコ、構図がそっくりですね……
千代子さんもプロとして解説の仕事をしている可能性、アリますね。

14巻のすこやん、午後から仕事って言ってるしインターハイ決勝の日の朝なのかなって一瞬思ったけど
「旅館」って言ってるし、最後のコマでお日さまの下に木が生えてるから東京じゃないですね。

↑このページのトップヘ